<%counterid="pain"%>
 
NEWS

はじめに

 このページでは慢性の痛みなどでお悩みの方に、当科で行っている痛みの治療(ペインクリニック)について紹介します

 浜松医科大学は開設当初より痛みに悩む患者様の力になりたいと考えペインクリニックの治療を行ってきました

 痛みは身体の異常の警告として重要なものですが、痛みが慢性的に残ってしまった場合、患者様の健やかな生活を脅かすものとなってしまう事があります。そういった有害な痛みを積極的に取り除く治療を行うのが私達ペインクリニック科医師の仕事です。 麻酔科蘇生科ペインクリニック外来では、痛みの元になる病気の診断をし、神経の異常興奮伝導の一時的遮断法である神経ブロック法という特殊療法を中心に治療を行います

 当科では、帯状疱疹後神経痛や加齢による頸椎症、脊柱管狭窄症、各種関節痛、三叉神経痛、慢性頭痛、偏頭痛、腰下肢痛、癌性疼痛の各種急性、慢性疼痛性疾患の疼痛治療を行います。神経ブロック法は必ずしも痛みの治療だけに有効なのではなく痛み以外の顔面神経麻痺や突発性難聴、手掌顔面多汗、赤面症などの交感神経緊張症の治療、 バージャー病などの末梢循環障害の治療などにも有効です

 神経ブロック法で最も多く用いられる薬剤は局所麻酔薬です。この薬は数時間作用してその後体の外に完全に排出されます。この短時間作用の局所麻酔薬を用いてブロックを行い悪循環に陥っている疼痛反射路を遮断することによって痛みが軽減します。また、難治性腰痛に対するエピドラスコピー、Raczカテーテル、難治性疼痛に対する硬膜外電気刺激法などの先進治療も行っています 

硬膜外神経形成術(硬膜外腔癒着剥離術)
  • 脊髄を包んでいる硬膜と脊椎との間に硬膜外腔というスペースがあります。炎症や手術侵襲などにより硬膜外腔で癒着が起こると、硬膜外腔に存在する脊髄神経の枝 (神経根)にも癒着が及んで神経が腫れたり、可動域制限を起こしたり、血流が悪くなって痛みを引き起こします。
  • 硬膜外神経形成術は痛みの原因となる神経根の癒着を剥離して薬液を投与することで、痛みが改善させるのが目的です。
  • 事前にレントゲンによる硬膜外造影検査を行い、硬膜外腔の癒着の有無や、痛みの原因となる神経根を確認します。
  • 硬膜外神経形成術は、レントゲンを見ながら針を刺し、治療目標となる神経根周囲までスプリングガイドカテーテルという特殊な管をすすめて、複数の薬剤を注入して癒着を剥離したり、炎症を取り除きます。
  • 脊椎手術後に残った神経症状(FBSS)、腰部脊椎管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、黄色靭帯肥厚や肥厚した椎間関節、その他の原因による神経根部の障害による痛みの中で、薬物、リハビリ、神経ブロックなどの保存的治療に反応が悪く、かつ手術治療の適応がない場合、または手術治療を望まれない場合が適応になります。
高周波熱凝固法、パルス高周波法
  • 神経ブロック療法は症状の原因となっている神経やその周囲に局所麻酔薬を注射することにより、神経の異常な興奮伝達を遮断し痛みを抑えることを利用して治癒に導きます。
  • 自律神経の一つである交感神経にも同様の操作を加え、局所の血流を増やして神経や組織の回復促進や、不安定になった自律神経のバランスの安定化も期待できます。
  • 痛みが慢性化してしまうと、薬液のみの神経ブロック療法では十分な鎮痛効果が得られなかったり、効果が持続しない場合もあります。そのような場合に高周波熱凝固法・パルス高周波法を考慮します。長期間神経の興奮伝達を遮断することができます。
  • 高周波熱凝固法は特殊なブロック針に高周波電流を流し、神経を熱で凝固することで長期的な治療効果を得ることができます。針先端の数ミリの範囲のみ熱を発生させるので、ピンポイントで治療を行うことが可能です。
  • また運動麻痺が問題になる神経や治療によるしびれを極力抑えたい神経に対しては、42℃の低温で神経組織の変性を抑えたパルス高周波療法もあります。
  • 三叉神経痛、脊椎の圧迫骨折や椎間関節症、仙腸関節症などさまざまな痛みに対して適応があります。
超音波(エコー)ガイド下ブロック療法
  • 治療目的となる神経はもちろんその周りにある正常な神経や血管なども、体の外から見ることはできません。また痛みを引きおこしている関節の中や、その周りにある滑液包、腱なども見ることはできません。
  • 近年の優れた超音波診断装置は、これら組織をミリ単位でリアルタイムに識別することができるようになりました。当科では超音波を活用して神経や関節のほか筋肉、腱、血管等を直接確認しながら安全かつ確実に診断・治療していきます。
脊髄刺激療法(SCS: Spinal Cord Stimulation) 
  • 痛み刺激が伝わると、神経に痛みの信号が生じます。痛み信号が脊髄を通り、脳に伝わり「痛い」と感じます。様々な原因で神経系が障害されると、異常な痛みの信号が神経系に現れることがあり、刺激がなくても痛みを感じる状態(神経障害性疼痛)が生じます。
  • 脊髄刺激療法とは、脊髄近くに電極を留置して微弱な電気を流すことで痛みの信号を脳に伝わりにくくします。脳と脊髄には痛みを抑制する機能がありますが、脊髄刺激療法はこの抑制機能を活性化し、痛みを和らげます。
  • 脊髄刺激療法は、薬物治療や神経ブロックなどで効果が得られない神経障害性疼痛や血流障害による痛みなど、慢性難治性疼痛に適応となります。脊髄刺激療法は痛みを緩和するためのものであり、痛みの原因を取り除く治療ではありません。痛みを和らげることで、日常生活の活動の幅を広げることを目的としています。
 脊髄刺激療法の適応疾患
  • 腰椎手術後症候群(FBSS)
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 複合性局所疼痛症候群
  • 末梢血管障害(閉塞性動脈硬化症、バージャー病、レイノー病など)による痛み
  • 帯状疱疹関連痛
 脊髄刺激療法の実際の流れ
  • 脊髄刺激療法を始めるにあたって、まずは硬膜外腔に電極という電気を流すカテーテルの挿入を行い、試験的に電気刺激を行って除痛効果を確認します (トライアル)。電極の挿入はうつ伏せの姿勢で局所浸潤麻酔を用いて行います。所要時間は30分~1時間程度です。患者さんは意識がある状態で会話しながら刺激効果を確認しながら手技を行います。1週間程度のトライアル期間中、ご自身で体外式刺激装置を操作し、刺激による鎮痛効果を確認します。電極を抜去して退院となります。
  • 鎮痛効果が認められ、患者さんが体内への刺激装置 (ジェネレーター)の植込みを希望される場合は、トライアルから1カ月ほど様子をみてから改めて本植込みを行います。
  • 本植込みは1~2週間の入院の上で行います。本植込みの手術は、局所浸潤麻酔+静脈麻酔鎮静下で行います。所要時間は1時間30分程度です。電極を再度挿入し、側腹部や臀部などの目立たない部位の皮下にジェネレーターを植込み、皮下で電極とジェネレーターを接続して手術終了です。
  • 術後は病棟で刺激の調整を行います。退院後は定期的に外来で、刺激の条件やプログラムをチェックしていきます。 
 
診療時間

 月曜日から金曜日の9:00~12:00、症状が重い患者様には入院体制も整っています

担当医師

 曜日別の担当者は上記の通りですが、学会等の都合により、変更となる場合がございます

 
診療担当者(2023年12月1日より)
五十嵐 寛 加藤  孝澄 鈴木 興太 木村  哲朗 谷口 美づき
山口 智子 野澤 広樹 伊藤 純也 大元 美季 大島 進史
 
 
診療科長
中島 芳樹(なかじま よしき)

浜松医科大学麻酔・蘇生学講座 教授
日本麻酔科学会 指導医
日本ペインクリニック学会 評議員
区域麻酔学会 評議員
医学博士
担当医一覧 
加藤 孝澄(かとう たかすみ)
浜松医科大学麻酔・蘇生学講座 病院教授/准教授
  • 日本麻酔科学会 指導医
  • 日本心臓麻酔学会 専門医
  • 医学博士
五十嵐 寛(いがらし ひろし)
浜松医科大学臨床医学教育学講座 特任教授
  • 日本麻酔科学会 指導医
  • 日本ペインクリニック学会 専門医 評議員
  • 医学博士
谷口 美づき(たにぐち みづき)
  • 日本麻酔科学会指導医
  • 日本ペインクリニック学会 専門医 評議員
 木村 哲朗(きむら  てつろう)
  • 日本麻酔科学会 指導医
  • 日本ペインクリニック学会 専門医 評議員
  • 日本区域麻酔学会 指導医
  • 日本区域麻酔学会 日本区域麻酔認定試験(J-RACE)合格
  • 日本臨床麻酔科学会 神経ブロック教育インストラクター
  • 日本東洋医学会 漢方専門医
  • 日本緩和医療学会
  • 医学博士
鈴木 興太(すずき こうた)
  • 日本麻酔科学会 指導医
  • 日本ペインクリニック学会 専門医
  • 日本区域麻酔学会 指導医
  • 日本区域麻酔学会 日本区域麻酔認定試験(J-RACE)合格
  • 日本臨床麻酔科学会 神経ブロック教育インストラクター
 大島 進史(おおしま しんじ)
  • 日本麻酔科学会 専門医
山口 智子(やまぐち ともこ)
  • 日本麻酔科学会 専門医
 伊藤 純也
  • 日本専門医機構 麻酔科専門医
  大元 美季
  • 麻酔科標榜医
  野澤 広樹
  • 麻酔科標榜医


診療時間

 月曜日から金曜日の9:00~12:00、症状が重い患者様には入院体制も整っています

担当医師

 曜日別の担当者は上記の通りですが、学会等の都合により、変更となる場合がございます






詳しいお問い合わせは 浜松医科大学附属病院 麻酔・蘇生科外来まで